【東京】育児相談には、ファミリーカウンセリング 母親研究所のニートの増加

宮城便り

トップ > 宮城便り > ニートの増加

受付時間9:00~20:00(日曜定休) TEL 0422-44-8702 〒181-0013東京都三鷹市下連雀3-1-2

いつあき予約

ニートの増加

■2018/09/13 ニートの増加
現在ニートの数は、54万人と言われています。

なぜ、こんなことが起こるのでしょう。

勉強する気がしない。意味を見出せない。
根気がない。
目標がない。
ヤル気が起きない。
面白いことがない。
友達がいない。(メールで繋がっている人はいる)
等。

まだ若い若者が、意欲が湧かず、親の世話になり、自分の目標がないことは、子育ての過程に子どものヤル気を失くすような出来事があったと推測できます。語りたがらない子どもの為に、親が手を尽くしても子どもの為にはならず、空回りしてしまっているのかもしれません。

こうなると、どんなに説得しても、子どもの気持ちは動きません。

特に思春期になると、大人を避けるようになりますので、関われば関わるほど「うるさい」としか思わなくなります。

こなれば、親の力ではどうにもなりません。早めに専門家の処へ連れて行くことなのですが、思春期の子どもは親との関係が悪いと、意固地になり、相談に行こうとはしません。

ですから、親子で意志の疎通が出来るようにすることが先決でしょう。

その上で、子どもの心を理解し援助してもらえる促
専門家の処へ行き相談するようしたいものです。

カウンセリングは説得ではありません。悩みを理解し解放へ向かうプロセスの帆走者としての存在です。

ニートになるには、理由があります。その理由を安心して語れる人として専門家があります。
早めの対応で心の負担を軽くして差し上げたいものですね。



新着一覧

いつあき予約

▲ PAGE TOP